【挿入歌】映画『ホーム・アローン』で流れる曲まとめ

【挿入歌】映画『ホーム・アローン』で流れる曲まとめ
Advertisement

聖歌隊の唄うクリスマスソングが印象的、『ホーム・アローン』(原題:Home Alone)の音楽について

音楽を担当したのはジョン・ウィリアムズです。ジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ監督作品を中心にの多くの映画音楽を手掛きてきた作曲家です。受賞歴も多く、なんとアカデミー賞には52回ノミネートされており、ウォルト・ディズニーに次いで2番目に多いという記録を持っています。音楽を手掛けた作品は、『スター・ウォーズ』、『シンドラーのリスト』、『未知との遭遇』、『スーパーマン』、『E.T.』、『インディ・ジョーンズ』、『ホーム・アローン』、『ジョーズ』、『ジュラシック・パーク』、『ハリー・ポッター』などざっと挙げても大ヒット作ばかりです。

『ホーム・アローン (原題:Home Alone)』 挿入歌 Pick Up!

使用シーンとともに流れた曲を紹介していきます。ネタバレあり。ご注意ください。

『Run, Run Rudolph』Chuck Berry

飛行機に乗り遅れまいと、大人数のマカリスター家が空港の中を大騒ぎで走るシーンで使用されています。もちろんその時ケビンは・・・


『How The Grinch Stole Christmas』Boris karloff

テレビをつけたままソファでウトウトするケビン。画面からはアニメが流れ、音声はこちらが聴こえてきます。長い曲ですが、この中の一部が映画の中で聴けます。


『Rockin' Around the Christmas Tree』 Brenda Lee

ケビンが泥棒を追い返すために、マネキンなども使いながら家族でパーティーをしているように装うシーンで、この曲を使用しています。


『White Christmas』The Drifters

ケビンが鏡の前で大人になりきり 、親のスプレーやローションのようなもので身だしなみを整えるシーンでこの曲が流れます。ケビンはコームをマイクに見立てて、ボーカルになりきり歌います。

ザ・ドリフターズはアメリカのコーラス・グループ。1950年代から1960年代にかけて盛り上がりを見せた黒人コーラス・グループを代表する存在のひとつです。


『O Holy Night』アドルフ・アダン、 ジョン・ウィリアムズ

トボトボと歩いて教会に入ったケビン。中では聖歌隊がこの曲を唄っています。神聖な雰囲気の中、静かに椅子に腰かけるケビン。そこで目に入ったのは、子どもたちの間で恐ろしい噂話をされているロバーツ・ブロッサム演じるマーリー老人でした。


『Star of Bethlehem』ジョン・ウィリアムズ

恐る恐るマーリー老人と会話をするケビン。聖歌隊が唄っているのがこの曲です。


『Carol Of The Bells』マイコラ・レオントーヴィッチュ

ケビンが教会を後にする際に聖歌隊が唄っているのがこの 『Carol Of The Bells』 です。ウクライナの民謡を元に、ウクライナの作曲家マイコラ・レオントーヴィッチュが1914年に編曲しました。100年以上経った今日では、最もよく歌われるクリスマス・ソングの一つとなっています。


『Have Yourself A Merry Little Christmas』 Mel Torme

エンディングで使用されています。ジョー・ぺシ演じるハリー、ダニエル・スターン演じるマーヴも遂に警察に連行されます。この曲が流れる中、ケビンは家族の帰りを待ちます。

映画『ホーム・アローン(原題:Home Alone)』について

1990年に公開され世界中で大ヒットを記録。監督は『グーニーズ』『グレムリン』『ナイト・ミュージアム』シリーズ、『ハリー・ポッター』シリーズでおなじみのヒットメーカー、クリス・コロンバス。

■ストーリー

あわて者の家族にひとり家に取り残されてしまったケビン少年(マコーレ・カルキン)はクリスマス休暇をひとり過ごすことに。勇気を振り絞りあらゆる家庭用品を武器に、まぬけな二人組の泥棒に真っ向から立ち向かうファミリー・アドベンチャー・コメディー。

映画『ホーム・アローン(原題:Home Alone)』 予告映像





挿入歌カテゴリの最新記事