【挿入歌】映画『マスク』で流れる曲まとめ(原題: The Mask)

【挿入歌】映画『マスク』で流れる曲まとめ(原題: The Mask)
Advertisement

ジム・キャリーの出世作、映画『マスク』の音楽をシーンとあわせて紹介(主題歌、挿入歌、エンディング曲など)

1994年公開、アメリカのコメディ映画『マスク』は、ジム・キャリーをスターダムへと押し上げた作品です。ヒロインを務めたのが、本作のオーディションに合格し映画デビューした、若干21歳のキャメロン・ディアス。その後の彼女の活躍から、この作品は後年、増々注目されることとなります。

※以下、映画のシーンとともに挿入歌を紹介していますので、ネタバレにご注意ください。


映画『マスク』挿入歌 Pick Up!


「Straight Up」 The Brian Setzer Orchestra

塗装が剥がれ錆びだらけの代車で、クラブ”ココ・ボンゴ”に現れたスタンリー。流れているのは、ストレイ・キャッツのギターボーカル、ブライアン・セッツァー率いる”The Brian Setzer Orchestra”の「Straight Up」。ビッグバンド編成のロカビリーナンバーです。

入場を待つ列を飛び越えてVIPとしてドアの中に消えていった銀行の同僚だったが、出遅れたスタンリーはつまみ出されてしまう。


「This Business Of Love」 Domino

クラブ”ココ・ボンゴ”に入れず、従業員につまみ出されたスタンリーの前にティナ(キャメロン・ディアス)が現れるシーンで使用されています。美女の出現に格好をつけたいスタンリーだが、そこにクラブの従業員がまわしてきたボロボロの代車が・・・。


「Let The Good Times Roll」 Fishbone

仮面をつけ変身したスタンリー。クラブ”ココ・ボンゴ”にリムジンで乗り付け、長蛇の列を横目に札束の力で入場していくシーンで流れているのは、アメリカのミクスシャーバンド ”フィッシュボーン” の「Let The Good Times Roll」です。

「Gee Baby,Ain't I Good To You」 Susan Boyd

ティナがクラブ”ココ・ボンゴ”で唄う曲。興奮状態のスタンリーが客席で観覧しています。


「Hey Pachuco」 Royal Crown Revue

・ティナが歌い終わった後、スタンリーはステージに飛び入りしダンスを踊る。それにあわせてティナも踊り出し、二人は息のあった激しいダンスを披露する。

・映画のラスト、スタンリーとティナのキスシーンで使用されています。



「Cuban Pet」 Jim Carrey

仮面の男と会わせる約束をしたスタンリーは、ティナとゴミの島公園にいます。茂みの中でスタンリーが変身した直後に待ち構えていた警官が現れます。なんとか公園の外に逃げ出すも、そこには大勢の警官が待ち構えていました。その直後、スタンリーがマラカスを持って唄い踊るのがこの曲です。



「Hi De Ho」 K7

映画終盤、ココ・ボンゴでのチャリティダンス会のシーンで使用されています。有名なCab Callowayの 「Minnie the Moocher」を組み込んだ楽曲。


Advertisement


「Who's That Man」 Xscape

エンドロールで使用されています(1曲目)


「(I Could Only) Whisper Your Name」 Harry Connick Jr.

エンドロールで使用されています(2曲目)


「Bounce Around」 Tony Toni Tone

エンドロールで使用されています(3曲目)


映画『マスク』 オリジナル・サウンドトラック

『The Mask: Music From The Motion Picture』


映画『マスク』予告編映像

挿入歌カテゴリの最新記事