【挿入歌】映画『きみに読む物語』で流れる曲まとめ(原題: The Notebook)

【挿入歌】映画『きみに読む物語』で流れる曲まとめ(原題: The Notebook)
©MMIV NEW LINE PRODUCTIONS, INC. ©MMV NEW LINE HOME ENTERTAINMENT,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
Advertisement

2004年公開のアメリカ映画、『きみに読む物語』の挿入歌を紹介

※以下、映画のシーンとともに挿入歌を紹介していますので、ネタバレにご注意ください。

映画『きみに読む物語』 挿入歌

「I’ll Be Seeing You」Billie Holiday

若き日のノアとアリーが路上で踊るときに使用されているのが、ビリー・ホリデーが唄う「I'll Be Seeing You」です。二人が好きな曲として、ノアがこの曲を口ずさみダンスが始まります。


「Prelude For Piano, Op.28, No.4」Chopin


ノアが認知症について医師から助言を受けるシーン、老人ホームのピアノでアリーが弾いているのが、ショパンの前奏曲 第4番です。


「Alabamy Home」DUKE ELLINGTON

自転車に二人乗りしたり、ふざけあってアイスクリームを顔につけたりと、若き日のアリーとノアが親しくなっていく様子を描くシーンでこの曲が使用されています。


「I'll Be Seeing You」Jimmy Durante

映画の終盤、アリーの記憶が一時的に戻りノアがこの曲を流しダンスを踊ります。若き日のダンスシーンではビリー・ホリデーのバージョンでしたが、こちらではジミー・デュランテのバージョンが使用されています。


『きみに読む物語』予告編

挿入歌カテゴリの最新記事