【挿入歌】映画『紅の豚』で流れる曲まとめ

【挿入歌】映画『紅の豚』で流れる曲まとめ

Advertisement

マダム・ジーナ役の声優を担当した、歌手・加藤登紀子が唄う挿入歌を紹介

長編アニメ映画『紅の豚』は、スタジオジブリ制作、監督・宮崎駿の大ヒット作。1992年に東宝系で公開されました。スタジオジブリ作品としては、『魔女の宅急便』(1989年)、おもひでぽろぽろ(1991年)の次に位置する作品です。

映画『紅の豚』 挿入歌

「さくらんぼの実る頃」 加藤登紀子

ポルコの昔なじみであり、ホテル・アドリアーノのオーナーでもあるマダム・ジーナがバーで歌う曲。声優を担当した加藤登紀子がフランス語で唄っています。加藤登紀子のアルバム『さくらんぼの実る頃』(1992)に収録されています。

「さくらんぼの実る頃(原題:Le Temps des cerises)」はフランスのシャンソンを代表する曲で、イヴ・モンタンやコラ・ヴォケール、ジュリエット・グレコなどによって歌い継がれています。

イヴ・モンタン(Yves Montand)による「さくらんぼの実る頃(原題:Le Temps des cerises)」はこちら。アルバム『Chanson Populaires De France』などに収録されています。



「時には昔の話を」 加藤登紀子

エンドロールで使用されています。加藤登紀子のアルバム『MY STORY/時には昔の話を」(1987)に収録されています。


久石譲が手掛けた『紅の豚』サウンドトラック




アニメカテゴリの最新記事