【挿入歌】映画『ジュラシック・ワールド』で流れる曲まとめ(原題:Jurassic World)

【挿入歌】映画『ジュラシック・ワールド』で流れる曲まとめ(原題:Jurassic World)
Advertisement

映画『ジュラシック・ワールド』 の音楽をシーンとあわせて紹介(挿入歌、サウンドトラックなど)


※以下、映画のシーンとともに挿入歌を紹介していますので、ネタバレにご注意ください。

映画『ジュラシック・ワールド』挿入歌

Tony Bennett「Have Yourself a Merry Little Christmas」

⇒Spotifyで聴く

映画の冒頭、空港で両親に見送られグレイ(タイ・シンプキンス)と兄のザック(ニック・ロビンソン)がジュラシック・ワールドに行くシーンで使用されています。


映画『ジュラシック・ワールド』 サウンドトラック

音楽を担当したのは、アメリカの作曲家のマイケル・ジアッチーノ(Michael Giacchino)です。
『Mr.インクレディブル』、『カールじいさんの空飛ぶ家』、『ミッション:インポッシブル3』などの作品の音楽も手掛けています。


映画『ジュラシック・ワールド』予告編映像


OSTカテゴリの最新記事