【挿入歌】映画『千と千尋の神隠し』で流れる曲まとめ(Spirited Away)

【挿入歌】映画『千と千尋の神隠し』で流れる曲まとめ(Spirited Away)
© 2001 Studio Ghibli・NDDTM
Advertisement

2001年公開、名作『千と千尋の神隠し』のサントラ、主題歌・挿入歌を紹介

長編アニメ映画『千と千尋の神隠し』は、スタジオジブリ制作、原作・脚本・監督を宮崎駿が務めた大ヒット作。2001年7月20日(金)に東宝系で公開されました。スタジオジブリ作品としては、「ホーホケキョ となりの山田くん」(1999年)の次にあたります。


『千と千尋の神隠し』の主題歌・エンディング曲・挿入歌

「いつも何度でも 」木村弓

⇒YouTubeで聴く

主題歌の「いつも何度でも 」はエンドロールで使用されています。木村弓はこの曲で一躍脚光を浴びることになり、公開年である2001年の紅白歌合戦に特別ゲストとして出演しました。


「あの夏へ」久石譲

⇒YouTubeで聴く

久石譲が手掛けるサウンドトラックの中でも人気曲の「あの夏へ」は、映画の冒頭で使用されています。


「あの日の川」久石譲

⇒YouTubeで聴く

「あの夏へ」と並んでよく知られている印象的な曲「あの日の川」は、千尋が泣きながらおにぎりを食べるシーンで使用されています。


『千と千尋の神隠し』 サウンドトラック



『千と千尋の神隠し』予告映像


アニメカテゴリの最新記事